大学職員が主観で物申す。

大学業界ってどんな感じ?働いてみたいけど、情報がない。そんな方必見です!

私立大学職員になるにあたって必要な素質4選!!

f:id:tanihaya:20171028145429j:plain

 手前味噌ではありますが、私立大学職員になることは中々簡単なことではありません。まったり高給、安定しているといった世間の印象があるようにその倍率はエントリーシートで数千倍、履歴書提出段階でも数百倍というのがザラです。

 そんな私立大学職員ですが、今回は大学側が求める素質、言い換えればどんな人材が欲しいのか、ということについて私の主観丸出しでお話ししてみようかと思います。

 

 私自身法人部署で勤務する中で、新卒採用・中途採用に対して一部ではありますが絡んでおります。そこで見えたことや、私の周りの職員が備えている素質についてご紹介致します。またその理由付けもしておりますので、何かの参考になれば幸いです。

 

  

プライベートを犠牲にできること

f:id:tanihaya:20171028150816j:plain

 

 いきなりブラック企業のようなワードがWWWW

 まぁ落ち着いて下さい。意図的にキャッチ―な表現にしてみた部分もありますので、正確に言うならば大学のため、学生のためにどれだけ尽くせるのかということです。どの組織においても至極当たり前な思考として、「この人はどれぐらい頑張ってくれるんだろう」と考えますよね。同じスペックの学生が二人いたとしても、最低限のことしかせずに多くの面倒ごとも避けてしまうような感じがする方は取りませんよね。

 さらに付け加えると、大学職員はまったり高給ではありませんWWW

 高給ではありますが、決してまったりした仕事ではありませんWWW 季節労働者ですので忙しい時期には徹夜も余裕でありますWWW その上で私のように部活動に携わったり、横断的業務(新卒採用・入試・留学・就職支援・学祭等の学生行事・その他プロジェクト)が一年中バンバン発生します。厳しい言い方をしますが、自分の関係する範囲の仕事しかできない人はお荷物でしかなく、そんな人は必要ありません。その心づもりをする意味で大学のため、学生のために時にはプライベートを削ることがあっても頑張れそうな人材が欲しいのです。

 でもこれって本末転倒なんですよね。だって

 

 楽な仕事してお金もらいたいから私立大学職員目指すんだもんWWWW

  

 綺麗事は抜きにして私大職員を目指す多くの人が上記の理由ではありませんか。とはいえ"大学職員"という職業自体がその実態を世間に知られることなく聖域感MAXでここまで来たので、このようなギャップが発生しているのです。しかしながら、中には本気で大学に思いのある人が志望していることもあるでしょうし、私のようにいつの間にか大学愛に目覚めて都合のいい女ばりに尽くすパターンもあるでしょう。

 そんなわけで大学職員に必要な素質の一つとして挙げさせて頂きました。あなたは24時間働けますか??

 

精神論、根性論に寛容であること

f:id:tanihaya:20171028155123j:plain

 またしても気味の悪いワードが・・・・W

 こちらもやや過激に表現してしまいました。大学という組織は基本的に古い体質であり、その実、一部の時代に合わせて頑張るシャカリキ働きマンたちによって支えられています。そのほかの人たち、特に昔の人は何を考えているのかというと、「まあ大丈夫でしょ!」とか「気合で乗り越えるんだよ!!」だの「思いがあればそれでいいんだ!!!」といった極めてふわふわしたスタイルで過ごしています。

  それでもって上記のシャカリキ働きマンたちが大学を良くしようと改革に乗り出すと、

「お前たちはドライすぎる。思いがない!」

 と言い出すのですWWW

 救いようがありませんが、仕方ないのです。この業界はずーっと牧歌的に過ごしてきたのです。大学は18歳人口に左右される業界であり、黙っていても18歳人口が爆発的に増えていた時代の人たちにとって"経営的センス"や"先見性"を期待すること自体が間違っているのです。その人たちが優秀であれば、18年前から十分な対策を打つことが出来たでしょう。出来ていない時点でお察しなのですWWW

 少し言いすぎてしまいました。こういうわけでまだまだ大学には「思いがあれば何でもできる!」と考えている人がたくさんいます。根拠はないけど頑張ろう!何の裏打ちもないけどどうにかなるさ!!こんな世界です。合理的な反論しようものなら、お前には思いがないからダメなんだ!!こういう世界なのです。

 とはいえ、彼らが今の時代まで守ってきたことは確かです(急なフォロー)。物事良し悪しですので、こういった雰囲気のあった昔の大学は良い世界だったと思いますよ。昔の話を聞くと本当に面白いことばかりです。その良い文化を残しつつ、時にはドライに改革を推し進めていかなくてはいかない時代になってしまいました。

 大学で働くにあたって、抽象的な概念で恐縮ですが"思い"を大事に出来る方がふさわしいと思います。採用面接ではダメなところを列挙し、「〇〇と××は時代遅れで全然ダメなので、こうしましょう。」という論調ではなく、努めて「〇〇と××においては時代に合わせて変化が必要ですが、その良さを失わないためにもこうしましょう。」と話すようにしましょう。

 

長い物に巻かれる器量があること

f:id:tanihaya:20171029043935j:plain

 大学という世界は極めて権威主義です。偉い人はエライんだ!!と問答無用に言えちゃう職場です。いや、現に偉いんですけどねW しかしややこしいのは偉い人=凄い人ではないということ。凄い人ならば黙ってついていけば何の問題もないのですが・・・。

 しかし往々にしてこんなことは起こり得ます。どの社会にも言えることではありますが、トップや指導者になるとは目されなかった人物が時代の寵児の如く躍り出ることがあります。大学はトップの意向次第で大きく舵取りが変わってくるので、理事会が強いケースですとあまり起き得ないことかもしれませんが、極端な話、グローバルを押し進めていた学長陣が退陣し、新たに迎えた学長が独自の研究を伸ばそうと躍起になってしまうと、これまでのグローバル化の波が途絶えてしまうことがあるのです。

 上述の例は何が正しい、何が間違っているといった判断基準ではありませんので、その時その時代に居合わせた人間として柔軟に立ち振る舞う器量が必要であると考えております。

  ポリシーが強い人だと一夜にして野党に転じてしまうこともあるでしょう。特異なスキルを持っている場合は元の部署で孤軍奮闘することも出来るでしょうが、基本的にははぶられてしまうことのほうが多い気がします。※ただし、大学には"降格"というものがない場合が多いので、せいぜいその政権内は遠ざけられる程度です。

 

ホンネとタテマエを十分に理解できること

f:id:tanihaya:20171030185725j:plain

 これは結構大事です。

 意外と色々な場面で出くわすホンネとタテマエ、この区別をしっかり出来ないと鼻つまみ者になってしまうので気を付けましょう。私の肌感覚ですが、事務職員はエリート意識がそこそこ強い気がするんですよね。教員の方々は当然研究職ですので誇りを持って仕事をされています。

 具体例を中々出しづらいのですが、例えば予算編の段階で費用を削るために業務カットを全学的に行わなくてはならなくなったとします。そこで研修費を下げることにしようと提案すると、ある重鎮は「言語道断だ!!◯◯研修を削るのは絶対に駄目だ!!」と騒ぎ立てます。しかしどうしても研修費を抑えることでしか対応することが出来なさそうです。さあ、どうしたものでしょうか。

 実はこの◯◯研修は毎年遠方へ出張することが必須なもので、年に何度かある内の一回はこの反対している重鎮の方が参加していることがわかりました。そこで◯◯研修よりも回数が少なく安い別の△△研修を導入することを提案し、更には担当者として例の方を据えることで円満解決することができました。

 どうですか。この異常な展開WWW

  だがしかし、こういったことがままあるのが大学業界なのです。振り返ってみますとここでのタテマエは「◯◯研修をやめること」です。しかしホンネの部分を読み解くと「出張したい」ここなのです。普通の感覚からすると信じられないような出来事かもしれませんが、こうしたことが起こり得ます。

 ※あくまでこれは具体例です。

 

 このようなホンネとタテマエが会議の場では特に見え隠れします。日常業務でもちらほら感じることがあります。それを「は?意味わかりません」や「どう考えたってこうでしょWWW」と対応してしまっては干されること待ったなしです。

 まずは相手のホンネがどこにあるのかを見抜くこと、それが大学職員として円滑に過ごしていく秘訣です。

 

・おわりに

 いかがでしたでしょうか。私立大学職員としての素質がこんなアホなことばかりなのかとお思いのことでしょう。否定はしません。いえ、できません。しかしながらこういった世界もあるのです。この世界に望んで飛び込んでくる以上、簡単に失望しないためにも私の体験談で恐縮ではございますが、お話させて頂いた次第です。

 ある程度過ごしてくるとそこが人情味があって良いなあとか、この人はこういう人なんだなあとは思いますが、正直面倒ですW しかし、「花より実を取る私大職員」とどこかで聞いたか勝手に考えたかする言葉がしっくりくるぐらいの狭くて非常識な世界です。これぐらいの覚悟は必要でしょう。それも給料の内です。

 

 以上、独断と偏見バリバリの主観で「私立大学職員になるにあたって必要な素質」について物申してみました。