大学職員が主観で物申す。

大学業界ってどんな感じ?働いてみたいけど、情報がない。そんな方必見です!

部活の顧問をやってて良かったこと3選!!!

f:id:tanihaya:20190917222601j:plain

 私は運動部の副顧問をやっています。大学によって、職員が部活動の顧問をやるところと教員だけが顧問であったり、外部コーチに委託しているなど形態は様々であると思います。世間でも中学高校の教員は部活動の顧問で疲弊しているといったニュースも目にしますが、大学の場合はどうでしょうか。

 今回は大学職員である私が部活動の顧問をやっていて良かったことについてご紹介いたします。

 

 「部活動の顧問で大変なこと」はコチラ!

www.t-univ.com

 

 

一流のプレーが目の前で見られる

f:id:tanihaya:20190917223821j:plain

 部活動のレベルにもよりますが、もし強豪校であった場合には、試合などで一流のプレーを見ることができます。日本代表が所属している大学もあると思います。一度だけ、隣で試合をしている選手が日本代表だったことがあったのですが、それはもうすごいオーラでしたよ!お客さんも大勢見に来ていて、うちの応援の人までそっちに釘付けの有様でしたWWW

 まあでもこれは役得として大きいのではないでしょうか。スポーツ好きにはたまりませんね!

 

学生がかわいい

f:id:tanihaya:20190917224422j:plain

 語弊のある見出しですねWWW

 入学してから部活動を引退するまで同じ目標をもって過ごす学生は、そりゃかわいいものです。技術は確かでも体格がまだ高校生で頼りなかった選手が、上級生になって力を蓄え大会でも通用するようになっていく。この過程は教育に携わる醍醐味と言えるでしょう。

 学生との接点であるならば、窓口に来る学生でも良いわけですが、部活動に携わると部員との関わりは非常に密になります。顧問の延長で履修相談をしたり進路指導をすることも少なくないので、差別という意味でなく、やはりその学生にかける時間は変わってきますよね。

 私も法人配属で現場を知りませんが、お陰様で各学部のカリキュラムや履修の肝などは部活動を通じて学ぶことが出来たので、他の職員と比べてアドバンテージを得たと感じています。

 

決済権をもてる

f:id:tanihaya:20190917224621j:plain

 サラリーマンとしてこのポイントは是非上げておきたいですね。エリアを任された営業などは別かもしれませんが、事務職で働いている若い方で決済権を持っている人はいないのではないでしょうか。

 何をするにしても上司の決済、大きければ稟議処理になります。さらに保守的な管理職層は目新しいことを好みません。大体、私大職員で嫌な思いをするのはこの決済権のなさであると考えています。

 ところが部活動はどうか。私は副顧問なので、部活動での一定の決済権を持っています。いざとなれば責任を取るのですから、その裏返しですね。もちろんスタッフ間でも相談はしますが、何か気になったことがあれば資金を投じてすぐに試すことができるメリットは非常に大きいです。今の上の人で、個性分析を部活動で試験実施し、その実績をもって人事制度に導入した猛者がいます。これぞまさに部活動を本務に最大限活用したケースと考えて良いと思います。※ただし、学生に不利益をもたらしちゃだめですよ!

 

・おわりに

 いかがでしたでしょうか。部活動の顧問を引き受けるということは、本務以外に仕事が増えるということです。これは疑いようのない事実であり、自分の時間が削られることを意味しています。しかしながら自分の時間を対価として上記のようなことが得られるのではないかと思いますし、中でも若いうちから一定の権限と予算執行権を持つことは非常に大きいと感じます。

 大学職員を志望する方々の多くはプライベートと仕事を分けたいと考えている方が多いとも思いますので、もし興味が湧いたならば、それを覚悟して臨むことをオススメします。個人的にはとても良い経験になると思いますよ!

 

 以上、独断と偏見バリバリの主観で「部活動の顧問をやってて良かったこと」について物申してみました。