大学職員が主観で物申す。

大学業界ってどんな感じ?主観で語る大学職員ブログです。

こんなはずじゃなかった~急転直下の財政難~ part1

 入職した2014年、2018年問題が迫っていましたが、新人の私はあまり危機感を感じられず、毎日毎日先輩たちと飲み歩いていました。先輩はとても良く出来た人で、総務に配属された私に、仕事のいろはだけではなく、人付き合いの仕方や学内のパワーバランスなど色々教えてもらっていました。

 とはいえ、毎日定時に上がって飲み歩いていましたし、お給料も良いし土日は休みで自由に過ごせるし、「あー。社会人キターーー!」と思っていました。

 

 しかし・・・

 

いきなりブレーキ

 どうしちゃったんだろうねWWWW

 いきなり大学が傾きましたWWWWWWWWW

 

 いや、多分ですが、いきなりじゃないんでしょうね。総務だったので学校法人基礎調査を見て、「え、うちの上の人らってこんなにもらってるの?ワクテカ」となっていましたし、一方で当時の諸政策はことごとく迷走していました。←失礼

 そりゃそうなるよねって感じです。

 

 でも思い出してみれば、入職して最初に学長からあった話が、「経営がヤバいので短大畳みます」ってやつでしたね、そういえば。そんな組織が大丈夫なはずはなく、迷走した諸政策を連発した挙句、首脳部は退陣(任期満了)していきました。

 その後、新たな学長が誕生したのですが、前任と真逆の政策を打ち出す方で、対外的にも「あの大学何がしたいんだ??」と思われる状態に陥っておりました。

 

 もうね、見てられないWWWWW

 まあ、正直その時の真逆政策学長(誰?)には相当お世話になったので、あまり悪口は言えないのですが、大局的に見た時に、間違いなく停滞の一端を担ってしまっていた気がします。

 

 次回は、「敏腕経営者、襲来」です。

 

www.t-univ.com