大学職員が主観で物申す。

大学業界ってどんな感じ?主観で語る大学職員ブログです。

こんなはずじゃなかった~急転直下の財政難~ part2

 入職した2014年、2018年問題が迫っていましたが、新人の私はあまり危機感を感じられず、毎日毎日先輩たちと飲み歩いていました。先輩はとても良く出来た人で、総務に配属された私に、仕事のいろはだけではなく、人付き合いの仕方や学内のパワーバランスなど色々教えてもらっていました。

 とはいえ、毎日定時に上がって飲み歩いていましたし、お給料も良いし土日は休みで自由に過ごせるし、「あー。社会人キターーー!」と思っていました。

 

 しかし、大学を取り巻く状況は甘くはなく、トップの交代による諸政策の迷走も相まって、本学は停滞期を迎えることになってしまいました。

 

敏腕経営者、襲来

 まだ天は見放しませんでした。ビバ・敏腕経営者!よっ!大統領!!(違)

 真逆政策学長(前回参照)の就任で迷走を続けている中、役員の交代があったのですが、そこで突如現れた敏腕経営者が大学の立て直しに奔走します。

 もうね、ガンダムでした。ジオン軍のザクに押されまくってた連邦軍が投入したMS、それがガンダムですね。もはやこれまで、といった状況で現れた敏腕経営者はまさにガンダム並みの救世主でしたが、彼が打ち出した政策はこちら。

 

超緊縮財政ー。

 

 それは、決して赤字は出しちゃだめってやつ。ひたすら予算を削減し、無駄なものも無駄じゃないものもガンダムの主観によって、あらゆる予算がカットされていきました。

 当たり前っちゃ当たり前かもしれません。しかし大学というのは前例踏襲大好きな組織なので、昨年どおりのことができない!どうすればいいんだ!!と大混乱に陥ったのです。私はまだ入職して間もなかったので、シャカリキ働きマンの先輩の教えを受けて「業者に頼めない??じゃあ、おれらで全部やるしかねえだろ!」というどぶろっく、もといドブラックな思考に切り替えて、ガンガンいこうぜを旗印に、昨年同様の業務を維持するために0時越えを連発していました。

 その後もガンダムの快進撃は止まらず、傾いた連邦軍、ではなく大学を立て直すために縦横無尽の活躍を見せていきます。

 

次回は、「通らない稟議、出待ちする役職者」です。

www.t-univ.com